東亜産業のPCR検査(「WE配サービス×PCR検査」)を受けてみた

こんにちは!
サラリーマン税理士のりゅうです。

どうしても飛行機で他県への移動が必要だったため、どこかの偉い人が言っていた指示に従い、事前にPCR検査を受けることにしました。

しかし、自費だと2~3万円というところが多く、どうしたもんかな~といろいろ調べていたところ、東亜産業という会社が3,000円(税込)でやっているというのを発見して、奥さんと一緒に受けてみることにしました。

今回は、その予約から検査までを記事にしてみたいと思います。

東亜産業のHPはこちら↓

東亜産業は、美容・健康関連および日用雑貨全般の商品をお手頃価格で提供する卸専門会社です。…

【この記事でわかること】
♦「WE配サービス×PCR検査」の予約システム
♦当日朝5時半にメールが届く
♦実際に自宅に来た時間
♦検査キットの内容と検体採取方法
♦検査結果が分かるまで
♦検査を受けてみての感想
♦抗原検査キットは15分で分かる

「WE配サービス×PCR検査」の予約システム

私たちが今回行ったのは、東亜産業の「WE配サービス×PCR検査」というものです。

toa-pcr.com

東亜産業のPCR検査は変異株も検出可能!最短24時間以内検査状況通知します。個人でも団体でも利用でき、事前予約で、スムー…

なんとこちらの商品、希望する場所に検査キットを配達してくれて、その場で検体を回収、早ければ24時間以内(遅くても48時間以内)に結果が分かるというものです。

予約はとても簡単で、
・氏名
・電話番号
・メールアドレス
・配送先住所
・希望配達日(翌日~)
・希望配達時間(0:00から3時間刻み)
・クレジットカード情報
などを入力し、送信すると予約完了です。

すぐに、
・管理番号
・予約番号
・予約日
・予約時間帯
・予約者情報
・商品情報
などが記載された予約完了メールが届きます。

私たちは、朝の6:00~9:00の枠で予約をしました。

当日朝5時半にメールが届く

6時少し前に起きましたが、奥さんだけに「予約枠を12:00~15:00に変更してほしい」という内容のSMSが届きました。

当日しかも30分前の連絡だったので、かなりイラっとしましたが、幸いにも予定はなかったので、とりあえずは受け入れました。

ここで不思議なのは、連絡があったのは奥さんだけで、私には特に連絡がなかったのです。

同じ住所で同じ時間帯の予約だったので、システム上は同じ配送者だと思ったのですが、予約が個人個人でしか行えなかったことを考えると、場合によっては違う配送者の可能性もあるのか?とも思いました。

いろいろ考えていると、だんだんモヤモヤっとした気持ちが大きくなってしまったので、奥さんがサポートセンターに問い合わせをしました。

電話もなかなか繋がらず、5分ほどコールし続けたらやっと繋がりました。
その回答は、
・遅れるのは遅延連絡があった人(奥さん)だけ
・私の予約枠で配送者が来るときに奥さんの検体回収はできない?→できない
・もっと早く連絡はもらえなかったのか?→ごめんなさいの一点張り
というような内容でした。

しょうがないので、
・私→6:00~9:00の枠
・妻→12:00~15:00の枠
で受けることにしました。

ちなみに、検査の1時間前から飲食禁止なので、私は起床からずっと我慢・・・。
奥さんは正午以降になったので、8時頃に朝食を取りました。

実際に自宅に来た時間

奥さんの時間変更は連絡があったので了承済みでしたが、連絡のなかった私の分は9時までに届くのだと思い、ずっと待っていました。

しかし、9時を過ぎても一向に来る気配がありません。

9時10分頃にサポートセンターへ電話をしました。

相変わらず5分以上待たされてやっと繋がり、「予約枠の9時までに届かない」旨を伝えると、ドライバーに連絡を取ってからすぐに折り返すと言われたので、しょうがなく待つことにしました。

そして待つこと1時間。

電話がかかってこなかったので、痺れを切らして再度サポートセンターへ電話をしました。

サポートセンターに繋がり、事の成り行きを説明すると、「10時半頃にドライバーから電話をしたら、繋がらなかったらしく・・・」と言われました。

そんなバカな!と思い、着信履歴を確認したところ、やはり着信はありませんでした。

そこで一悶着あり、最終的には「今からドライバーを向かわせます」ということで決着がつき、奥さん分も一緒に検査も出来るように手配してもらいました。

けっきょく、配送者が家に来たのは10時55分でした・・・。

検査キットの内容と検体採取方法

渡された検査キットは、こんな感じです。

内容は、こんな感じです。
・説明書
・採取容器
・保存液
・密封袋×2
・予約番号を記載するシール
・吸収剤

採取容器に1~2センチ程度の唾液を入れ、そこに保存液を入れてキャップをし、予約番号シールを貼ります。

密封袋に検体と吸収剤を入れ、さらにもう一つの密封袋に入れて、外で待っている配送者に渡して検査は終了です。

時間的には、5~10分程度で終わると思います。

検査結果が分かるまで

検査結果は、東京 23 区・札幌市・名古屋市・大阪市・福岡市では最短 24 時間以内に結果通知がメールで届き、それ以外の地域では48時間以内に届くようです。

この記事を書いている時点では、まだ24時間経っていませんが、検査結果は遅れないことを祈るばかりです。

東亜産業の検査を受けての感想

自分の指定する場所に届けてくれて、その場で検体回収をしてくれるという点では、とても素晴らしいサービスだと思います。

しかし、この「WE配サービス×PCR検査」は2021年5月1日から始まった新しいサービスであり、しかも感染者急増により他県移動の際にPCR検査の要請が出たことで、回収業者もサポートセンターも、かなりてんやわんやしていることが想像できます。

したがって、多少の遅延や伝達ミスなどは仕方ないのかもしれません。

とはいえ、家族分を一斉に申し込めない(個別で申し込まなければならない)点や、そのために家族で異なる時間帯になる可能性がある(配送者が異なる)など、非効率な部分が多いように感じました。

もう少し、システム上で連携を取れるよう改善してほしいものです。

抗原検査キットはその場で15分で分かる

東亜産業には、抗原検査キットもあるようです。

 唾液を採取して約15分待つと、試験紙に検査結果のラインが表示されるようです。

とにかく早く簡易的に検査をしたい場合は、こちらの抗原検査キットもアリだと思いました。

ちなみに、陽性反応が出た場合、東亜産業のPCR検査センターにて無料でPCR検査を受けられるそうです。

また別日に飛行機で他県へ行かなければならない用事があるので、今度はこの検査キットを試したいと思います。

最新情報をチェックしよう!